ネステナーとパレットラックの違いはなんですか?

ネステナーとパレットラックの違いはなんですか?

ネステナーのパレットラックの違い

ネステナーとパレットラックはどちらも工場などで活用されるラックであり、パレットを使用することを前提としているという共通点があります。

しかし両者には明確な違いもあるため、違いを知っておけばどちらを導入するか判断できるようになるでしょう。

耐荷重の違い

まずネステナーとパレットラックの違いに耐荷重の違いが挙げられます。

ネステナーは比較的手軽に移動できる分、重い荷物を乗せるのには適していないという側面があります。

一方のパレットラックは固定する必要があるため重いものにも耐えられます。

またパレットラックは設置工事を必要とするのに対し、ネステナーは不要であるため、耐荷重の違いは設置工事の有無の違いと言い換えることもできるでしょう。

サイズや高さなど自由度の違い

ネステナーはサイズの変更が出来ず、倉庫のレイアウトやパレットにあったサイズのものを購入する必要があります。

重ねられる段数にも制限があるため、高さがほしいという場合に使用できないこともあるでしょう。

パレットラックは自由に高さを変えることができるため、高さの違う棚を作ることも容易です。

移動ができないという難はありますが、頻繁にレイアウトを変更しないという場合にはパレットラックは重宝するでしょう。

反対に荷物のサイズが一定だったり倉庫内のレイアウトがよく変わるという場合にはネステナーが適しています。

ネステナーは重ねて収納しておくこともできるため、荷物の量に合わせて設置個数を変更することもできるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました